雪道を自動車で走行する場合には必須となるアイテムのタイヤチェーンですが、材質によって金属のものと非金属のものとに大きくわかれます。
最近ではどちらかといえば非金属チェーンのほうが消費者の関心が高く人気の製品となっていますが、それには当然ながら独自のすぐれた特徴がみられるということが理由として挙げられます。


まず、従来の金属チェーンでは、走行中の騒音や振動がひじょうに不快でしたが、非金属のものであれば、乾燥した路面を走る場合も含めて、音がしずかで、乗り心地も比較的良好であるという点があります。
また、取り付けの際に車を移動したり、ジャッキで持ち上げたりといっためんどうがなく、簡単に装着できるタイプのものも比較的多くみられるため、不慣れな人であっても扱いやすいということがあります。
さらに、金属製に比べればやや劣るとはいえ、雪道、アイスバーンともバランスよくその制動性能が発揮でき、しかも装着している最中に極端な低速にならなくてもそのまま走行することができるといった点もあります。
欠点としては、これまでの金属チェーンよりも価格帯が高いということが挙げられますが、それを補うだけの利点も持ちあわせています。